化粧品売場の新年会であったHな体験談

今年の初め、1F化粧品売り場の新年会に呼ばれた。
香水プンプンの新年会。
化粧もギンギン、服もエロエロ。
総勢12人の匂いプンプン女。

その中の男好きそうなエロエロ女が俺の横で触りまくってくる。
掘りごたつの中には、ミニスカから出てる太ももがムチムチ。
太ももに手を突っ込みたい衝動に駆られながらも抑えつつ、盛り上がりまくって二次会へ。

案の定、二次会も俺の横。
横でカクテル飲みまくって泥酔状態。

「気持ちが悪い」と言い出して、俺が洗面所へ連れて行く。

「大丈夫か?」と洋式トイレで背中を擦ってやるとゲロ吐きまくり。

背中を擦りながらも俺の視線は太ももと胸の谷間へ。
トイレがゲロと香水の匂いでエグい。
おいおい、そこまで飲むかぁと思いつつ、「大丈夫かぁ?」と声をかける。

「大丈夫、ごめんなさい、変なとこ見せちゃったね、こんな女、嫌でしょ?」

急に変なこと言われて、びっくり。

「えっ?そんなことないよ。誰でも吐くことぐらいあるじゃん。そんなことより、大丈夫?」
「うん、吐いちゃったからだいぶ楽」

「部屋戻ろうか?」
「うん」

うがいして口拭いて部屋へ戻ると、すでに3人しか残っていない。

「あれ、みんなは?」
「みんな次に行っちゃった」

「えっ~!」
「私たちもこれから行くから言っておこうと思って。◯◯は酔っちゃってるから無理っぽいね。私たち行くね、帰って寝るのよ」

「◯◯さん(俺)悪いけど送ってくれる?●●も◯◯さんに送ってもらいたいみたいだし」
「じゃあ、私たち行くね」

二人残されて仕方なく帰路へ。
まだ女は酒が残ってるみたいで歩きながらも目を瞑ってフラフラ。
タクシーに乗せ、住所を聞いてマンションへ。

背負うと胸を背中に感じながらムチムチの太ももをしっかり抱えあげ部屋まで担いで入り、ベッドへ。
まだ気分悪そう。
吐きそうなので、またトイレへ。
背中を擦るとまたまたゲロゲロ。
洗面所でうがいさせて、台所で水を飲ませてベッドへ。

ベッドへ寝かすとミニスカが捲れあがって、レースの下着とパンストが。
一気に俺の欲望の箍がはずれ、広げた足の間に体を滑り込ませ、被さるようにのしかかり、さっきゲロを吐いた唇に俺の唇を重ねた。
舌を入れると少し口が開く。
そこへ舌を強引に滑り込ませ、女の舌へ絡ませる。
右手でブラウスのボタンを外しながら、左手で太ももを撫でる。
ブラウスのボタンを外し、体を浮かせて脱がせる。
紺色のブラが目の前に。

(デカい・・・)

着痩せするタイプなのか、脱がせると結構デカかった。
背中に手を回しホックを外す。
ブラの紐を両手から抜き、露わになる胸。
適度に張りのある胸、小さめのピンクの乳首。
おもむろにしゃぶりつき、手で揉みながら乳首を舌で転がす。
俺の息子を股間に押し当てながら、胸揉みまくり。
頭を徐々に股間へ。
両手でパンストを脱がせる。
パンストに手をかける。
ちょっときつめ。
腰を浮かせながら脱がしきる。
赤いレースのパンティが目の前に。
ゆっくり下着を脱がせると薄い茂みが現れる。
両足をM字に広げると、しっとり濡れた秘部。
舌で秘部を舐めると蜜がじわっと溢れ出る。
舌を秘部の中へ滑り込ませながら、指をスジに這わせる。
ゆっくり指を出し入れしながら掻き回すと、感じたのかビクッと腰が動く。

ギンギンになった肉棒をゆっくり挿入。
女は小さく「うっ!」と声を漏らす。
秘部が締まる。
一気に激しくピストン運動。

「あぁっ、うっ!いい!うぅ」

肉棒が締め付けられる。
唇を重ね、舌を入れながら一気にドテ出し。
茂みがザーメンだらけ。
ティッシュを探し、ドテを綺麗に拭き、服を畳んで片付け、下着だけ着せ、布団をかけて横に添い寝。

もう一度キスをすると女が目を覚まして抱きついてきた。
したことを知っているのか、知らないのか解らないまま、もう一度抱き締め、心置きなくマンコを突き上げると女は声を上げ、感じまくりながらさっきより締めまくってきた。

「中に出して、お願い、今日は安全日だから」

「いいの?いいの?」

「イッちゃう!イッちゃう!」

俺は我慢できずに放出。
体を痙攣させながら、「うっうっ」と声を漏らし、マンコからザーメンが流れ出てきた。

痙攣が治まると抱きついてきて、「好き好き」だって。
その後、一緒にお風呂に入って楽しんで、ベッドへ戻ってからも楽しんで一緒に寝た。

Related Post